バイオサイエンス・バイオテクノロジー分野

バイオサイエンス・バイオテクノロジー

 バイオサイエンス・バイオテクノロジーの研究、技術の開発・方法の創出による本分野の進歩発展と実用化に通ずる顕著な貢献に基づき授与されます。バイオサイエンス・バイオテクノロジーは生物体の構造・物性・反応を解明する物理・化学・生物学の理論的ならびに実験的手法を用いて生物体の構造や動作・性質や生命現象を研究する学問分野であり、生物特有の現象の解明を通じて、産業の促進や健康で豊かな国民生活の実現に大きく寄与するものと期待されています。
 バイオサイエンス・バイオテクノロジーの研究、技術の開発・方法の創出など広い範囲を対象とし、以下のような項目に関連する領域を含みます。

項目例

  • バイオ材料開発・バイオ製造システム開発
  • 精製技術
  • 生物材料の分析・合成技術の開発
  • 組織修復技術の開発
  • タンパク質・核酸・糖質・脂質に関する技術開発
  • 食糧に関する技術開発 (生産・加工・品種改良・発酵など)
  • バイオインフォーマティクス(生物情報のシステム化)に関する開発
  • ナノバイオサイエンス・ケミカルバイオロジー
  • 分子イメージング・画像技術
  • 医療分野における診断・検出・計測・検査機器に関する技術開発
  • 創薬・製薬 (医薬品の技術開発・作用機序の発見など)
  • 植物の育種・生産・加工に関する技術の開発

↑このページの先頭へ