材料分野

材料

 情報通信システム用ナノデバイス・材料、環境保全・エネルギー利用高度化材料、医療用極小 システム・材料、生物メカニズムを活用する材料、極限環境対応材料などをはじめ金属・有機材・ 無機材・磁性材・誘電体材・セラミックス、機器・構造材等の各種材料・素材と活用に関わる研究・ 技術開発・方法の創出など広い範囲を対象とし、以下のような項目に関連する領域を含みます。

項目例

  • ナノテクノロジー材料(カーボンナノチューブ、ナノ粒子、薄膜など)
  • 機能性材料、複合材料、超伝導とその材料、有機半導体、ソフトマテリアル、機能性繊維など
  • 光関連材料(感光・発光・導光・触媒・制御など)
  • エネルギー関連材料(蓄電材料、熱電材料など)
  • 単電子素子、電子・光デバイス、マイクロマシンなどとそれらの集積化装置、電子機器(ディスプレイ装置など)・機械・各種装置・器具への応用とその技術
  • 革新的構造・組成の材料、耐高温・耐低温材、環境保全対応材料
  • 構造材・軽量化材・超強化材、その他材料と装置・建造物・環境対応などへの応用とその技術
  • 生物機能応用の材料及びその技術
  • その他新規材料と関連技術

↑このページの先頭へ