先輩からのメッセージ4

プロフィール

氏名     
入団年  
性別    
所属    
出身学科 
N.K.
2013年
女性
X線光電子分光法(XPS)を用いた組成・状態解析
理工学研究科 生命科学専攻

仕事内容

 お客様からお預かりしたサンプルについて、光電子分光法(XPS)という手法で試料表面の組成や化学結合状態の評価を行っています。XPSは、試料表面に敏感な分析手法です。このため、他の分析手法よりも試料の取り扱いへの配慮が必要な点も特徴です。評価した結果は、お客様の研究開発や品質管理などに役立てられます。
 私が担当するのはお客様からのお問い合わせ、測定、データ処理などが主な内容ですが、お客様のご希望の納期に間に合うように、分析スケジュールを調整することも重要な仕事です。また、単に測定したデータを提出するのではなく、お客様がどのような問題を抱えて分析を依頼しているのかという背景を掴んだ上でデータをご報告します。時にはお電話で直接ご説明することもあり、日々勉強が必要です。

仕事のエピソード

 以前にお客様から「色々な分析会社に出して、ようやくMSTの結果で原因がわかった。」と 感謝の言葉を頂いたことがあります。数多くある分析会社からMSTを選んでいただいたこと、さらにMSTで良かったと思って頂けたことは、MSTへの貢献だけでなく、私自身のやりがいや自信につながりました。
 難しいご相談を受けて苦労することも多いですが、それがお客様の心を掴む絶好のチャンスだと思っています。難題を乗り越える楽しさを実感しています。

先輩がMSTを志望した理由

 就職活動では、分野にはこだわらず幅広い業界を見て、職種で選んでいました。MSTでは、分析装置を扱うという技術的な部分もありながら、サービスという面もあるため、お客様と接する機会も多くあると知り、まさに自分が求めている職種でした。

大学時代の専攻

 大学時代は、微生物(主に大腸菌)を用いた酸化ストレス耐性遺伝子の研究を行っていました。酸化ストレスは老化現象や寿命に関連があり、そのしくみはまだほとんど解明されていません。大腸菌をモデル生物として、これらの遺伝子の機能について研究をしていました。

休日の過ごし方

 友人と食事や買い物に出掛けたり、運動不足になりがちなので体を動かすようにしています。(主にヨガスクールに通って汗を流しています。)財団の近くの寮に住んでいるのですが、都心へのアクセスが良いので非常に便利です。

皆さんへのメッセージ

 就職活動は自分の将来を決める大切なものですが、気合が入りすぎて視野が狭くなってはいないでしょうか。大学で学んだ研究がそのまま仕事に活かせる人は少ないですし、実際入社してからの配属にもよります。就職活動は、色々な会社を見ることができる良い機会なので、楽しみながら頑張って下さい。
 社会人は学生と比べて自由に過ごせる時間が限られているので、就職活動や卒業研究が落ち着いたら旅行をしたり、趣味に没頭したりしてみるのも良いと思います。
 限りある時間を有意義に使って下さい。








ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん