計測評価分野

計測評価

 計測評価技術は、材料科学技術をはじめとする種々の科学技術分野の研究・開発に不可欠な基盤 技術として、それまで未知であったところにデ−タを提供し、新たな応用分野の開拓や未解決な課題 への解決手段の提示を促すものであり、異分野間の交流促進を通じて各分野の発展の牽引力ともな る技術です。
 計測機器・分析機器、計測技術・分析技術、シミュレ−ション・解析技術の研究、技術開発、方法の 創出など計測・分析・評価・解析技術など広い範囲を対象とし、以下のような項目に関連する領域を含 みます。

項目例

  • 計測・分析機器及びこれらを用いた状態・構造・組成の解析・分析技術(表面・界面・局所分析、ナノ物質・材料計測・分析、半導体デバイス分析・評価、バイオ計測・分析・評価、環境計測・分析・評価など)
  • 原子・分子・イオンの認識・分離・検出技術(単分子計測、膜分離、分子認識試薬など)
  • 医薬分野における診断・検査機器及び技術(医療診断・検査、生態情報計測・分析・評価、医薬品検査など)
  • 材料・構造物の試験・検査機器及び技術(材料試験、建築物診断技術など)
  • 物性・物理量計測・評価機器及び技術(熱物性、光学物性、電磁気物性、力学物性、質量計測、時間計測など)
  • 物質・物性センサ−及びセンシング技術(光学、電磁気、電気、化学など)
  • 産業・社会システム機器及び技術(監視・制御システム、管理計測・分析など)
  • 情報解析及び知的基盤関連技術(信号処理、デ−タ解析、材料設計シミュレ−ション、計量標準・標準物質、生物遺伝資源情報、化学物質安全性予測など)

↑このページの先頭へ