表面構造を知りたい

顕微鏡を使った像観察、または凹凸の段差計測をご提案します。

[SEM]走査電子顕微鏡法
  • 測定プローブ:電子線
  • 空間分解能:0.5nm~
  • 倍率:×30~×300,000
[SIM]走査イオン顕微鏡法
  • 測定プローブ:Gaイオンビーム
  • 空間分解能:4nm~
  • 倍率:×30~×30,000
  • 金属多結晶膜のグレイン評価に有効です。
[AFM]原子間力顕微鏡法
  • 測定プローブ:探針
  • 測定範囲:500nm~90um□
  • 水平方向分解能:10nm~200nm
  • 垂直方向分解能:0.1nm
  • 探針を走査して表面凹凸を計測します。
白色干渉計測法
  • 測定プローブ:白色光
  • 測定範囲:50um~4mm□
  • 水平方向分解能:500nm~
  • 垂直方向分解能:0.1nm
  • 光の反射で表面凹凸を計測します。

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん