環境

人の健康の保護と環境保全のため、法律によって環境基準が定められています。
環境基準には監視義務があり、定期的な評価が必要です。
環境分析の例を以下に示します。

環境
評価対象 評価項目 分析手法
水質 人の健康の保護に関する環境基準 ICP‐MSGC/MSIC・HPLC等
生活環境の保全に関する環境基準(LAS・ノニルフェノール等) HPLC・LC/MS/MS
地下水の水質汚濁に係る環境基準 ICP‐MSGC/MSIC・HPLC等
界面活性剤(ノニルフェノールエトキシレート・オクチルフェノール等) LC/MS/MS
排水基準 ICP‐MSGC/MSIC・HPLC・LC/MS/MS
土壌 農薬(ネオニコチノイド系殺虫剤等) LC/MS/MSGC/MS
土壌環境基準 ICP‐MSGC/MSIC・HPLC等
大気 排ガス中ダスト濃度(流速・水分量・排ガス組成含む)JIS Z8808 重量法・オルザット法など
大気中成分:金属 ICP‐MS
大気中成分:有機物化合物(VOC・S系成分等) GC/MS・HPLC
大気中成分:ハロゲン・腐食成分・アンモニア IC

環境の分析事例はこちらからご覧ください。

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん