食品中の有機体・無機体炭素量測定(C0575)

固体中の有機体・無機体炭素量を評価することが可能です

MST技術資料No.C0575
掲載日2019/09/05
測定法・加工法[TOC]全有機体炭素測定
製品分野食品
分析目的微量濃度評価
製品調査

概要

全有機体炭素測定計(TOC計)は、試料中の全炭素(TC:Total Carbon) 、無機体炭素(IC:Inorganic Carbon)をそれぞれ分けて定量することが可能です。サンプルは水溶液にすることなく固体のまま測定することができます。
本資料では市販の膨張剤、塩に含まれるTOC、TC、IC評価事例を紹介します。

データ

全有機体炭素(TOC)の測定方法

試料中の全炭素(TC)と無機体炭素(IC)を個別に測定し、その差から全有機体炭素を求めます。

  • TCの測定:
    試料を燃焼管(900℃)に注入し、燃焼あるいは分解により発生した二酸化炭素(CO2)を非分散型赤外線式ガス分析部(NDIR)で検出します。
  • ICの測定:
    試料を酸性(pH3以下)にし、200℃で加熱を行うことで炭酸塩等からCO2を遊離させ、NDIRで検出します。

測定事例

膨張剤
TOC
(mg/g)
TC
(mg/g)
IC
(mg/g)
163 190 27
  • 膨張剤に含まれるでんぷん由来のTOC、重曹由来のICが検出されたと考えられます。
TOC
(mg/g)
TC
(mg/g)
IC
(mg/g)
- 0.4 0.4
-:下限以下
  • 塩からはICが検出され、添加物として含まれる炭酸塩由来と考えられます。
図1 膨張剤の測定ピーク
(左図:TC、右図:IC)
  • 食品中だけでなく、工業用の材料(セラミックス等)についても測定が可能です。

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
食品中の有機体・無機体炭素量測定 2019/09/05 食品中の有機体・無機体炭素量測定(C0575) [TOC]全有機体炭素測定
食品
微量濃度評価
製品調査
海水中のTOC量評価 2018/08/16 海水中のTOC量評価(C0525) [TOC]全有機体炭素測定
環境
微量濃度評価
洗浄リンス液中の有機物残渣量評価 2015/02/05 洗浄リンス液中の有機物残渣量評価(C0369) [LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
[TOC]全有機体炭素測定
電子部品
微量濃度評価

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん