リチウムイオン二次電池正極材料の材質分布評価(C0315)

正極材料の導電性をSSRMを用いてマッピング

MST技術資料No.C0315
掲載日2013/07/25
測定法・加工法[SSRM]走査型広がり抵抗顕微鏡法
製品分野二次電池
分析目的組成分布評価
形状評価
劣化調査・信頼性評価

概要

リチウムイオン二次電池の正極について、その形状と導電性をマッピングすることで、周囲と絶縁された結晶粒や劣化によって導電性が低下した活物質の分布を可視化することが可能です。本事例では、リチウムイオン二次電池の正極を機械研磨によって断面を作成してSSRM測定を行い、統計処理によって材質の分布を推定した結果をご紹介します。

データ

測定データ

解析結果

計測結果に対して、推測される物質ごとに領域分割を行い、統計値を計算しました。
この結果、周囲と絶縁された結晶粒の存在が明らかになりました。

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん