NMR(核磁気共鳴分析)-混合試料のスペクトル分離 DOSY法-(B0282)

単離精製を行わずにNMRで混合試料の構造解析ができます

DOSY法によるスペクトル分離技術の説明

NMRは通常、混合試料中の各成分の構造解析を行う場合、各成分を単離精製した後、各々測定します。DOSY法は、各成分の拡散速度の違いを利用することで各成分ごとにスペクトルを分離することができるため、単離精製することなく混合試料中の各成分の構造解析を行うことができます。(Diffusion Ordered NMR SpectroscopY:DOSY法)。

磁場勾配パルスを2度照射する際の分子移動距離をΔzとした場合、位相変調(核スピン周波数に基づく位相の変調)の大きさは(1)式で表されます。位相変調すなわち信号強度の減衰の大きさはΔzに比例し成分ごとに異なるため(Δz1<Δz2)、この差を利用することでスペクトルを分離します。

■DOSY法の特徴
・分子量による物理的な分離が困難な試料の測定に有効
・前処理により構造変化が起きる試料(例:タンパク質など生化学分野の試料など)の測定に有効
・複数の成分の混合したスペクトルを分離できることから、各成分の構造解析が容易
・混合物中の各成分の分子の運動性に関する知見が得られる

DOSY法のデータ例

本例では、実験的に低分子としてエタノールおよび高分子としてポリビニルピロリドンを混合した溶液をDOSY法でスペクトル分離したデータを紹介します。

MST技術資料No.B0282
掲載日2022/05/05
測定法・加工法[NMR]核磁気共鳴分析
製品分野ディスプレイ
高分子材料
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
食品
分析目的化学結合状態評価
構造評価

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
NMR(核磁気共鳴分析)-混合試料のスペクトル分離 DOSY法- 2022/05/05 NMR(核磁気共鳴分析)-混合試料のスペクトル分離 DOSY法-(B0282) [NMR]核磁気共鳴分析
ディスプレイ
高分子材料
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
食品
化学結合状態評価
構造評価
NMR(核磁気共鳴分析)-混合試料のスペクトル分離 フィルターの利用- 2022/05/05 NMR(核磁気共鳴分析)-混合試料のスペクトル分離 フィルターの利用-(B0281) [NMR]核磁気共鳴分析
ディスプレイ
高分子材料
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
食品
化学結合状態評価
構造評価
NMR(核磁気共鳴分析)の紹介ー31P核を用いた定量分析ー 2022/01/27 NMR(核磁気共鳴分析)の紹介ー31P核を用いた定量分析ー(B0278) [NMR]核磁気共鳴分析
高分子材料
医薬品
化粧品
環境
組成評価・同定
構造評価
劣化調査・信頼性評価
NMR(核磁気共鳴分析)による構造解析ー軽溶媒そのままの測定ー 2022/01/13 NMR(核磁気共鳴分析)による構造解析ー軽溶媒そのままの測定ー(B0276) [NMR]核磁気共鳴分析
照明
ディスプレイ
高分子材料
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
構造評価
劣化調査・信頼性評価
製品調査
量子化学計算による有機分子のNMR化学シフトシミュレーション 2021/07/29 量子化学計算による有機分子のNMR化学シフトシミュレーション(C0654) [NMR]核磁気共鳴分析
計算科学・AI・データ解析
その他
医薬品
化粧品
日用品
食品
化学結合状態評価
構造評価

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

分析お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ