SAXSによる乳化剤の液晶構造・ミセルサイズ評価(C0300)

ナノオーダーの構造解析・ナノ粒子サイズの評価が可能

MST技術資料No.C0300
掲載日2020/05/06
測定法・加工法[SAXS]X線小角散乱法
製品分野化粧品
分析目的組成評価・同定
構造評価

概要

乳化技術は化粧品開発において基盤技術であり、化粧品全般にわたって利用されています。
乳化剤の構造の変化は、製品中の水分と油分のバランスや内包薬効成分の浸透性、洗浄力および使用感の変化を伴い、製品の性能と密接な関係にあるため、その解析は非常に重要です。

データ

小角X 線散乱(SAXS)では、液体やゲルや粉末など試料の形態を維持したままで、乳化剤の液晶構造の種類や、液晶構造中の周期長、また、ミセルのサイズやミセル間距離など詳細な構造を明らかにすることができます。

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
SAXSによる乳化剤の液晶構造・ミセルサイズ評価 2020/05/06 SAXSによる乳化剤の液晶構造・ミセルサイズ評価(C0300) [SAXS]X線小角散乱法
化粧品
組成評価・同定
構造評価

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

分析お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん