溶液中の窒素成分の評価(C0396)

無機窒素を形態別に分析可能です

概要

窒素は様々な形態で化学・材料・食品・医薬等の幅広い分野において利用されています。窒素化合物は硝酸、亜硝酸、アンモニアなどの無機窒素化合物や、アミノ酸などの有機窒素化合物などからなります。サンプルが水溶液の場合、硝酸イオン、亜硝酸イオン、アンモニウムイオンなどの無機窒素化合物についてはイオンクロマトグラフ法、有機態窒素についてはHPLCやLC/MS、また無機窒素化合物と有機窒素化合物を合わせた全窒素については吸光光度法にて評価することができます。

データ

溶液中の無機窒素量をIC法で、全窒素量を吸光光度法で分析した結果を示します。

MST技術資料No.C0396
掲載日2015/10/08
測定法・加工法[IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
[UV-Vis]紫外可視分光法
製品分野LSI・メモリ
医薬品
日用品
環境
分析目的微量濃度評価
劣化調査・信頼性評価

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
LC/MS多変量解析によるリンゴジュースの製品特性解析 2021/10/14 LC/MS多変量解析によるリンゴジュースの製品特性解析(C0664) [LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
医薬品
化粧品
日用品
食品
組成評価・同定
劣化調査・信頼性評価
製品調査
量子化学計算による色素分子の UV-Visスペクトルシミュレーション 2021/06/10 量子化学計算による色素分子の UV-Visスペクトルシミュレーション(C0651) [UV-Vis]紫外可視分光法
計算科学・AI・データ解析
照明
ディスプレイ
化粧品
日用品
化学結合状態評価
三次元培養ヒト皮膚を用いた皮膚透過性評価 2021/03/25 三次元培養ヒト皮膚を用いた皮膚透過性評価(C0647) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
クライオ加工
その他
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
食品
微量濃度評価
組成分布評価
構造評価
製品調査
安全性試験
液体クロマトグラフ-フーリエ変換質量分析法 2021/01/14 液体クロマトグラフ-フーリエ変換質量分析法(B0264) [LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
照明
ディスプレイ
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
環境
化学結合状態評価
安全性試験
コロナ荷電化粒子検出器(CAD)による 半定量分析 2020/09/24 コロナ荷電化粒子検出器(CAD)による 半定量分析(B0260) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
その他
コロナ荷電化粒子検出器(CAD)の特徴と原理 2020/09/24 コロナ荷電化粒子検出器(CAD)の特徴と原理(B0259) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
その他
クリームはんだ中フラックスの成分分析 2020/09/03 クリームはんだ中フラックスの成分分析(C0616) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
電子部品
組成評価・同定
製品調査
液晶ディスプレイの劣化分析 2020/06/25 液晶ディスプレイの劣化分析(C0601) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[IC]イオンクロマトグラフ法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
[XPS]X線光電子分光法
[SEM]走査電子顕微鏡法
[(S)TEM](走査)透過電子顕微鏡法
[AFM]原子間力顕微鏡法
[SMM]走査型マイクロ波顕微鏡法
計算科学・AI・データ解析
ディスプレイ
微量濃度評価
化学結合状態評価
形状評価
構造評価
劣化調査・信頼性評価
消毒用アルコールの成分分析 2020/06/18 消毒用アルコールの成分分析(C0599) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
日用品
ウイルス対策関連品
アルコール
製品調査
安全性試験
フコイダン食品規格基準の分析 2020/05/06 フコイダン食品規格基準の分析(C0516) [ICP-MS]誘導結合プラズマ質量分析法
[IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
食品
組成評価・同定
製品調査
安全性試験

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

分析お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ