粘着シートによる電子部品の汚染評価(C0501)

有機汚染の定性・定量・分布を複数手法の組み合わせで評価

MST技術資料No.C0501
掲載日2018/01/18
測定法・加工法[TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製品分野LSI・メモリ
パワーデバイス
分析目的組成評価・同定
微量濃度評価
組成分布評価
故障解析・不良解析

概要

半導体デバイスの製造工程では、ダイシング用テープなど様々な粘着シートが使用されます。粘着シートは異物・汚染の原因となることがあります。そこで、本事例ではTOF-SIMS・SWA-GC/MSを用いて複合的に評価した結果をご紹介します。TOF-SIMSでは、粘着シート各材料の定性を行うことで、異物・汚染がどの粘着シートに起因するのか、また粘着シートのどの層に起因するのか同定が可能です。またSWA-GC/MSでは、どの粘着シートがもっとも汚染が少ないかを定量的に確認することができます。

データ

TOF-SIMS 表面汚染評価

ウエハ表面の粘着成分の定性及び付着状況がわかります。

図1 粘着シートAの付着結果(500μm角)

TOF-SIMS 粘着シート成分評価

異物は、粘着層のみでなく、基材の場合もあります。層構造をみることで異物原因がもれなくわかります。

図2 粘着シートAの深さ方向分析

TOF-SIMS 異物評価

異物原因が何か同定できます。

表1 異物評価のまとめ例

SWA-GC/MS 表面汚染評価

ウエハ表面有機物定性、定量することで、どの粘着シートが最も汚染が少ないかがわかります。

図3 粘着シートAの付着結果
ヘキサデカン換算定量値
  • 有機汚染量:37ng/cm2
  • DOP汚染量:7ng/cm2

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
低分子シロキサンの定量分析 2019/10/03 低分子シロキサンの定量分析(C0576) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
組成評価・同定
微量濃度評価
真空中での有機成分の脱離評価 2019/05/30 真空中での有機成分の脱離評価(C0566) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[TDS]昇温脱離ガス分析法
電子部品
二次電池
ディスプレイ
微量濃度評価
その他
製剤中農薬原体のイメージング分析 2019/04/25 製剤中農薬原体のイメージング分析(C0540) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
医薬品
環境
組成評価・同定
組成分布評価
TOF-SIMSによる毛髪の評価 2019/03/07 TOF-SIMSによる毛髪の評価(C0507) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
医薬品
化粧品
組成評価・同定
組成分布評価
膜厚評価
眼球に投与した薬剤成分の分布評価 2019/02/07 眼球に投与した薬剤成分の分布評価(C0548) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
医薬品
化粧品
組成評価・同定
組成分布評価
飲料中ジアセチルの定量 2018/11/29 飲料中ジアセチルの定量(C0535) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
食品
微量濃度評価
製品調査
グラフェンの官能基の評価 2018/11/08 グラフェンの官能基の評価(C0520) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
二次電池
ディスプレイ
化学結合状態評価
クリーンルーム内有機化合物の評価方法 2018/08/23 クリーンルーム内有機化合物の評価方法(B0245) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
太陽電池
ディスプレイ
酸化物半導体
微量濃度評価
ウエハ表面の金属・有機物汚染評価 2018/04/05 ウエハ表面の金属・有機物汚染評価(C0503) [ICP-MS]誘導結合プラズマ質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製造装置・部品
組成評価・同定
発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析 2018/03/01 発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析(B0241) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
製造装置・部品
日用品
組成評価・同定

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん