飲料中ジアセチルの定量(C0535)

GC/MSによりジアセチル量が評価可能

MST技術資料No.C0535
掲載日2018/11/29
測定法・加工法[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製品分野食品
分析目的微量濃度評価
製品調査

概要

バターのようなにおいを有するジアセチルは、飲料等のオフフレーバー(異臭)として知られており、製品の風味に大きく影響します。特に、酒造業界ではppbオーダーの微量な濃度の違いが製品の香りを左右するため、ジアセチル濃度を感度よく定量することは、品質評価や商品開発において有用となります。
本資料では、通常のGC/MS測定では評価が出来なかった飲料中の微量なジアセチルを、誘導体化処理することで定量可能とした事例を紹介します。

データ

分析方法

ジアセチルを下記の反応により誘導体化し、GC/MS測定しました。

図1 ジアセチルの誘導体化前後の検出感度評価(内部標準物質:ナフタレン)

分析事例

ジアセチルは認知閾値を超過すると不快臭と感じるため、製品中のにおいの評価は品質管理において重要になります。

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
飲料中ジアセチルの定量 2018/11/29 飲料中ジアセチルの定量(C0535) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
食品
微量濃度評価
製品調査
グラフェンの官能基の評価 2018/11/08 グラフェンの官能基の評価(C0520) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
二次電池
ディスプレイ
化学結合状態評価
クリーンルーム内有機化合物の評価方法 2018/08/23 クリーンルーム内有機化合物の評価方法(B0245) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
太陽電池
ディスプレイ
酸化物半導体
微量濃度評価
ウエハ表面の金属・有機物汚染評価 2018/04/05 ウエハ表面の金属・有機物汚染評価(C0503) [ICP-MS]誘導結合プラズマ質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製造装置・部品
組成評価・同定
発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析 2018/03/01 発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析(B0241) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
製造装置・部品
日用品
組成評価・同定
ポジ型フォトレジストの構造解析 2018/01/18 ポジ型フォトレジストの構造解析(C0504) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
組成評価・同定
粘着シートによる電子部品の汚染評価 2018/01/18 粘着シートによる電子部品の汚染評価(C0501) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
組成評価・同定
微量濃度評価
組成分布評価
故障解析・不良解析
ウエハケース内ウエハの有機汚染評価 2017/03/16 ウエハケース内ウエハの有機汚染評価(C0461) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
組成評価・同定
微量濃度評価
テープ粘着剤の構造解析 2017/02/02 テープ粘着剤の構造解析(C0459) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
日用品
組成評価・同定
製品調査
ウエハアナライザーを用いた有機汚染評価 2016/12/15 ウエハアナライザーを用いた有機汚染評価(B0230) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製造装置・部品
酸化物半導体
組成評価・同定
微量濃度評価
故障解析・不良解析

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん