熱分解GC/MSによるスマートフォン封止剤の分析(C0371)

2段階の加熱によりUV硬化系素材の分析が可能

MST技術資料No.C0371
掲載日2015/02/26
測定法・加工法[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製品分野電子部品
ディスプレイ
分析目的組成評価・同定
製品調査

概要

熱分解GC/MSによる2段階加熱法を用いて、市販スマートフォンのディスプレイ周辺部封止剤の素材解析を行いました。低温(250℃)で試料を加熱し、発生したガス成分をGC/MS測定することにより、残存モノマーや低分子添加剤(重合開始剤、酸化防止剤)を検出することができます。引き続いて高温(550℃)で加熱することにより、高分子を分解してその構成成分を推定することができます。これにより封止剤はUV硬化系の素材であることがわかりました。

データ

1段階目の加熱(250℃)

2段階目の加熱(550℃)

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
樹脂から発生する腐食性ガスの分析 2020/05/25 樹脂から発生する腐食性ガスの分析(C0444) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製造装置・部品
組成評価・同定
製品調査
ガスクロマトグラフ-飛行時間型質量分析計 2020/05/13 ガスクロマトグラフ-飛行時間型質量分析計(B0253) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
製造装置・部品
日用品
組成評価・同定
X線CT・GC/MSによるガラス繊維強化プラスチック(GFRP)の評価 2020/05/06 X線CT・GC/MSによるガラス繊維強化プラスチック(GFRP)の評価(C0582) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[XPS]X線光電子分光法
X線CT法
製造装置・部品
バイオテクノロジ
化粧品
日用品
化学結合状態評価
組成分布評価
形状評価
構造評価
劣化調査・信頼性評価
製品調査
GC/MSによる発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析 2020/05/06 GC/MSによる発生ガス濃縮装置を用いたアウトガス分析(B0241) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
製造装置・部品
日用品
組成評価・同定
GC/MSによるテープ粘着剤の構造解析 2020/05/06 GC/MSによるテープ粘着剤の構造解析(C0459) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
日用品
組成評価・同定
製品調査
GC/MSによるウエハアナライザーを用いた有機汚染評価 2020/05/06 GC/MSによるウエハアナライザーを用いた有機汚染評価(B0230) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
製造装置・部品
酸化物半導体
組成評価・同定
微量濃度評価
故障解析・不良解析
GC/MS・TOF-SIMSによる粘着シートの電子部品汚染評価 2020/04/30 GC/MS・TOF-SIMSによる粘着シートの電子部品汚染評価(C0501) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
組成評価・同定
微量濃度評価
組成分布評価
故障解析・不良解析
UV硬化樹脂の組成解析 2019/12/19 UV硬化樹脂の組成解析(C0580) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
電子部品
日用品
組成評価・同定
製品調査
低分子シロキサンの定量分析 2019/10/03 低分子シロキサンの定量分析(C0576) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
LSI・メモリ
パワーデバイス
組成評価・同定
微量濃度評価
真空中での有機成分の脱離評価 2019/05/30 真空中での有機成分の脱離評価(C0566) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[TDS]昇温脱離ガス分析法
電子部品
二次電池
ディスプレイ
微量濃度評価
その他

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

分析お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん