HPLCによる有機酸の分析(B0246)

HPLC:高速液体クロマトグラフ法

概要

有機酸は酸性の有機化合物の総称です。酸味成分のクエン酸や旨み成分のイノシン酸といった食品中に含まれる成分のほか、化粧品や医薬品、工業分野においては原材料や添加剤等に用いられ、幅広い用途で使用されています。本資料では、HPLC法による有機酸12成分の一斉分析と清涼飲料水の分析事例について紹介します。カラムにて各成分を分離後、発色液(BTB液)と作用させ検出することにより、夾雑成分の影響を受けずに選択的に分析が可能です。液体試料だけでなく、固体からの抽出液中の有機酸を一斉に定性・定量分析することが可能です。

分析例

標準試料

清涼飲料水

ご利用の手引き

仕様

測定可能形状 溶媒(水、エタノール等)に溶かすことができるもの
測定必要量 数mL
検出下限 100ppm程度

納期

通常7~10日 ※短納期対応可

MST技術資料No.B0246
掲載日2018/09/13
測定法・加工法[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
製品分野バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
分析目的製品調査

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
三次元培養ヒト皮膚を用いた皮膚透過性評価 2021/03/25 三次元培養ヒト皮膚を用いた皮膚透過性評価(C0647) [TOF-SIMS]飛行時間型二次イオン質量分析法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
クライオ加工
その他
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
食品
微量濃度評価
組成分布評価
構造評価
製品調査
安全性試験
コロナ荷電化粒子検出器(CAD)による 半定量分析 2020/09/24 コロナ荷電化粒子検出器(CAD)による 半定量分析(B0260) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
その他
コロナ荷電化粒子検出器(CAD)の特徴と原理 2020/09/24 コロナ荷電化粒子検出器(CAD)の特徴と原理(B0259) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
その他
フコイダン食品規格基準の分析 2020/05/06 フコイダン食品規格基準の分析(C0516) [ICP-MS]誘導結合プラズマ質量分析法
[IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
食品
組成評価・同定
製品調査
安全性試験
HPLCによる有機酸の分析 2018/09/13 HPLCによる有機酸の分析(B0246) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
製品調査
デヒドロアスコルビン酸の分析 2018/06/21 デヒドロアスコルビン酸の分析(C0517) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
化粧品
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
こんにゃく中のグルコシルセラミド定量分析 2017/10/19 こんにゃく中のグルコシルセラミド定量分析(C0491) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
GPCによる分子量分布測定 2017/09/21 GPCによる分子量分布測定(B0239) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
ディスプレイ
製造装置・部品
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
劣化調査・信頼性評価
製品調査
フコイダンの糖組成の定量分析 2017/09/07 フコイダンの糖組成の定量分析(C0471) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
溶液中の窒素成分の評価 2015/10/08 溶液中の窒素成分の評価(C0396) [IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
[UV-Vis]紫外可視分光法
LSI・メモリ
医薬品
日用品
環境
微量濃度評価
劣化調査・信頼性評価

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

分析お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ