デヒドロアスコルビン酸の分析(C0517)

飲料中のデヒドロアスコルビン酸の分析が可能です

MST技術資料No.C0517
掲載日2018/06/21
測定法・加工法[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
製品分野化粧品
食品
分析目的組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査

概要

近年、清涼飲料水の市場規模が拡大しており、美味しさを一層高めるため種々の検討が行われています。そのひとつとして、清涼飲料水中に適量のデヒドロアスコルビン酸が含まれていると、風味が改善されるとの報告があります。デヒドロアスコルビン酸は、飲料等に酸化防止剤として含まれているL-アスコルビン酸の酸化によっても生成されるため、試料中の正確な値を得るためには、試料開封後速やかな分析が必要です。本資料では試料開封後の時間経過に伴うデヒドロアスコルビン酸量を測定しました。

データ

L-アスコルビン酸の反応フロー

*デヒドロアスコルビン酸は誘導体化してHPLCにて測定します(分析事例C0343参照

製品中の分析事例

図1 試料中のデヒドロアスコルビン酸の増加量

開封後は、時間の経過とともに試料中のL-アスコルビン酸が酸化され、デヒドロアスコルビン酸が増加

ポイント

開封と同時に分析を行うことにより、試料中のデヒドロアスコルビン酸を高精度に定量可能

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
HPLCによる有機酸の分析 2018/09/13 HPLCによる有機酸の分析(B0246) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
製品調査
デヒドロアスコルビン酸の分析 2018/06/21 デヒドロアスコルビン酸の分析(C0517) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
化粧品
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
フコイダン食品規格基準の分析 2018/05/03 フコイダン食品規格基準の分析(C0516) [ICP-MS]誘導結合プラズマ質量分析法
[IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
その他
食品
組成評価・同定
製品調査
安全性試験
こんにゃく中のグルコシルセラミド定量分析 2017/10/19 こんにゃく中のグルコシルセラミド定量分析(C0491) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
GPCによる分子量分布測定 2017/09/21 GPCによる分子量分布測定(B0239) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
ディスプレイ
製造装置・部品
バイオテクノロジ
医薬品
化粧品
日用品
食品
劣化調査・信頼性評価
製品調査
フコイダンの糖組成の定量分析 2017/09/07 フコイダンの糖組成の定量分析(C0471) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
微量濃度評価
製品調査
溶液中の窒素成分の評価 2015/10/08 溶液中の窒素成分の評価(C0396) [IC]イオンクロマトグラフ法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
[LC/MS]液体クロマトグラフィー質量分析法
[UV-Vis]紫外可視分光法
LSI・メモリ
医薬品
日用品
環境
微量濃度評価
劣化調査・信頼性評価
ビタミンB1・ビタミンB2の定量分析 2014/12/25 ビタミンB1・ビタミンB2の定量分析(C0348) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
製品調査
その他
室内空気環境測定事例 2014/12/18 室内空気環境測定事例(C0360) [GC/MS]ガスクロマトグラフィー質量分析法
[HPLC]高速液体クロマトグラフ法
環境
微量濃度評価
製品調査
安全性試験
遊離アミノ酸17成分の一斉分析 2014/05/08 遊離アミノ酸17成分の一斉分析(C0341) [HPLC]高速液体クロマトグラフ法
食品
組成評価・同定
製品調査

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん