発泡ウレタン内部の空隙率評価(C0539)

X線CTによる樹脂材料の観察事例

MST技術資料No.C0539
掲載日2018/12/27
測定法・加工法X線CT法
製品分野日用品
その他
分析目的形状評価
構造評価
製品調査

概要

ポリウレタンは高い反発弾性が特徴の樹脂材料です。そして、ポリウレタン製品の一種である発泡ウレタンは住宅用の断熱材などに利用されています。
板状の発泡ウレタンについて、内部の空隙の形状をX線CTを用いて観察しました。
その結果、内部に多数存在する個々の空隙の形状を確認することができ、さらに空隙率の定量的な評価を行いました。

データ

発泡ウレタン内部のX線CT測定

光学顕微鏡像
X線CT像(断面像)
空隙体積の解析結果
3D評価結果
空隙の体積分布チャート
ポイント
  • 内部の空隙を三次元的に評価可能
  • 空隙サイズの数値化が可能
  • 空隙率の算出が可能
  • 空隙率と同様に充填率の評価も可能

関連する分析事例

イメージ 掲載日 タイトル 測定法・加工法 製品分野 分析目的
発泡ウレタン内部の空隙率評価 2018/12/27 発泡ウレタン内部の空隙率評価(C0539) X線CT法
日用品
その他
形状評価
構造評価
製品調査
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)内部のX線CT観察 2018/12/27 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)内部のX線CT観察(C0538) X線CT法
日用品
その他
形状評価
構造評価
製品調査

分析のご相談・お申し込み

知識豊富な営業担当が、最適な分析プランをご提案。
分析費用のお見積りもお気軽にお問い合わせください。
相談・お申し込みは、専用のフォームかお電話でどうぞ。

webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話からのお問い合わせはこちら

ページトップへ

てむぞう&ますみん

てむぞう&ますみん